国際社会文化研究所 Socio-Cultural Research Institute EnglishEnglish  | 研究部TOP >>
HOME 研究活動 出版物規程・要領・申請書など(学内者用)シンポジウム 龍谷大学
  研究活動  
    過去の研究活動一覧をご覧になりたい方はコチラから>>  
   
<<前年度へ 2019年度 研究活動一覧  
 
指定研究(3件)
■研究課題:変動する国際社会と文化:現代と1930年代との比較研究
研究期間 2017年度〜2019年度
代表者 清水 耕介(龍谷大学・国際学部・教授)
兼任研究員 清水 耕介・陳 慶昌
客員研究員 宮崎 寛
 
■研究課題:異文化理解と多文化共生−人口減少社会を見据えたミクロ・マクロからのアプローチ
研究期間 2017年度〜2019年度
代表者 村田 和代(龍谷大学・政策学部・教授)
兼任研究員 村田 和代・大石 尚子・チャプル ジュリアン
客員研究員 秦 かおり・山口 征孝
 
■研究課題:異文化理解と多文化共生−神秘主義思想とその実践を通じたイスラームとキリスト教の共生を探って−
研究期間 2018年度〜2020年度
代表者 佐野 東生(龍谷大学・国際学部・教授)
兼任研究員 佐野 東生・久松 英二
客員研究員 鶴岡 賀雄・野元 晋・吉田 京子・袴田 玲・高橋 圭・平野 貴大
 

共同研究(7件)
■研究課題:小学校外国語活動の活性化に向けて:教員・児童の語用力習得に関する縦断的研究
研究期間 2018年度〜2019年度
代表者 松村 省一(龍谷大学・国際学部・教授)
兼任研究員 松村 省一
客員研究員 長嶺 寿宣
 
■研究課題:20世紀初頭のアメリカにおける東アジア博物学受容の研究−南方熊楠とスウィングル、および関連学者の交流を中心として
研究期間 2018年度〜2019年度
代表者 松居 竜五(龍谷大学・国際学部・教授)
兼任研究員 松居 竜五
客員研究員 川島 昭夫
 
■研究課題:ミャンマーにおける看護師の国際移動〜国内労働市場・医療システムおよび日本の受け入れへのインプリケーション
研究期間 2018年度〜2019年度
代表者 カルロス マリア(龍谷大学・国際学部・教授)
兼任研究員 カルロス マリア
客員研究員 John Rey Olpoc
 
■研究課題:現代資本主義社会の文化・メディア・政治:総合的理論モデル構築の試み
研究期間 2018年度〜2019年度
代表者 清家 竜介(龍谷大学・社会学部・講師)
兼任研究員 清家 竜介・増田 靖彦・村澤 真保呂
客員研究員 杉村 昌昭
 
■研究課題:グローバル化する現代日本社会における「生の芸術(せいのアート)」の可能性の追求
研究期間 2019年度〜2020年度
代表者 青木 恵理子(龍谷大学・社会学部・教授)
兼任研究員 青木 恵理子・高岡 智子
客員研究員 松本 拓
 
■研究課題:発展途上諸国における社会・連携経済の可能性〜ラテンアメリカとアフリカの比較研究
研究期間 2019年度〜2020年度
代表者 斎藤 文彦(龍谷大学・国際学部・教授)
兼任研究員 斎藤 文彦・河合 沙織
客員研究員 辻村 英之
 
■研究課題:アメリカの公民連携による公共空間整備事業の批判的検証
研究期間 2019年度〜2020年度
代表者 服部 圭郎(龍谷大学・政策学部・教授)
兼任研究員 服部 圭郎・阿部 大輔・石原 凌河
客員研究員 黒瀬 武史・矢吹 剣一
 

個人研究(3件)
■研究課題:イギリス共産党とスターリン崇拝−共産主義のトランスナショナル・ヒストリー
研究期間 2019年度
代表者 瀧口 順也(龍谷大学・国際学部・准教授)
兼任研究員 瀧口 順也
 
■研究課題:日本語待遇表現としての尊大語と卑罵語
研究期間 2019年度
代表者 角岡 賢一(龍谷大学・経営学部・教授)
兼任研究員 角岡 賢一
 
■研究課題:カリフォルニア州北部太平洋沿岸地域の大規模自然災害に対するローカルガバナンスと防災教育−Del Norte Countyをフィールドとして−
研究期間 2019年度
代表者 田 満彦(龍谷大学・社会学部・教授)
兼任研究員 田 満彦

 
  2019年度   このページのTOPへ  
Copyright (C) 2006 SCRI All Rights Reserved.
AN>