国際社会文化研究所 Socio-Cultural Research Institute EnglishEnglish  | 研究部TOP >>
HOME研究活動出版物規程・要領・申請書など(学内者用)シンポジウム 龍谷大学
  研究活動  
    過去の研究活動一覧をご覧になりたい方はコチラから>>  
   
<<前年度へ 2012年度 研究活動一覧 次年度へ>>  
 
  研究区分 研究代表者 学部 職名 研 究 課 題
1 指定研究
(3年/2年目)
李(竹山)相哲 社会 教授 世界の中の日本、日本の中の世界
日・中・韓政治におけるメディアの役割について
2 指定研究
(3年/1年目)
中田 邦博 法務研究科 教授 世界の中の日本、日本の中の世界
消費者法の比較法的研究
3 共同研究
(2年/1年目)
松居 竜五 国際文化 教授 日英戦後和解に関する基礎研究−故平久保正男氏関連資料を中心として
4 共同研究
(2年/2年目)
徐 光輝 国際文化 教授 東アジア古代文化交流の調査研究−山東地方の仏教文化を中心にして
5 共同研究
(2年/1年目)
角岡 賢一 経営 教授 機能文法の枠組みによる日本語モダリティ研究
6 共同研究
(2年/2年目)
田中 滋 社会 教授 ダム言説の構築−脱ダム宣言とその影響を例として
7 共同研究
(2年/1年目)
古川 秀夫 国際文化 教授 サービスラーニングが地域社会に及ぼす影響
8 個人研究 松村 省一 国際文化 教授 音声情報認識力からみた語用力発達についての実証研究
9 個人研究 松島 恵介 社会 教授 足利事件における虚偽自白の心理学的分析(2)
10 個人研究 斎藤 文彦 国際文化 教授 持続可能な開発に資する民主主義のあり方〜対立型民主主義とコンセンサス型民主制度の比較を通じて
11 個人研究 脇田 博文 国際文化 教授 EU(中欧)諸国における言語教育政策の現状と課題器
12 個人研究 李 フピン 社会 准教授 中国武陵山区における貧困軽減のための地域開発に関する研究
13 個人研究 東森 勲 教授 日本語から英語への借用語と意味変化について:関連性理論による説明
14 個人研究 嵩 満也 国際文化 教授 非日系アメリカ人浄土真宗グループの研究

 
  2012年度   このページのTOPへ  
Copyright (C) 2006 SCRI All Rights Reserved.