国際社会文化研究所 Socio-Cultural Research Institute EnglishEnglish  | 研究部TOP >>
HOME研究活動出版物規程・要領・申請書など(学内者用)シンポジウム 龍谷大学
  研究活動  
    過去の研究活動一覧をご覧になりたい方はコチラから>>  
   
<<前年度へ 2011年度 研究活動一覧 次年度へ>>  
 
  研究区分 研究代表者 学部 職名 研 究 課 題
1 指定研究
(3年/2年目)
権 五定 国際文化 教授 世界の中の日本、日本の中の世界
多様な共生の概念の批判的検討と共生実現の可能性
2 共同研究
(3年/1年目)
李(竹山)相哲 社会 教授 世界の中の日本、日本の中の世界
日・中・韓政治におけるメディアの役割について
3 共同研究
(2年/2年目)
大林 稔 経済 教授 サハラ以南アフリカにおける内発的発展と外部支援の影響
4 共同研究
(2年/2年目)
落合 雄彦 法学 教授 紛争後のアフリカ諸国における薬物汚染の実態調査とリハビリテーション促進
5 共同研究
(2年/2年目)
河村 能夫 経済 教授 中国内モンゴル自治区における経済成長と格差是正を目指した持続的地域社会発展に関する総合研究
6 共同研究
(2年/2年目)
岸 政彦 社会 准教授 都市型被差別部落の比較研究
7 共同研究
(2年/1年目)
田中 滋 社会 教授 ダム言説の構築−脱ダム宣言とその影響を例として
8 共同研究
(2年/1年目)
朴 R国 国際文化 准教授 東北アジアにおける「熊民俗」の研究
9 共同研究
(2年/1年目)
小黒 純 社会 教授 国会審議と政治報道に関する実証的研究
10 個人研究 松居 竜五 国際文化 准教授 南方熊楠欧文資料データベースの作成と出版
11 個人研究 ヤマンラール水野 美奈子 国際文化 教授 トルコのギョクチェン家所蔵の明治期の七宝と陶磁器
12 個人研究 李 フピン 社会 准教授 中国西部地域における格差是正と貧困軽減のための地域開発に関する研究
13 個人研究 William Bradley 国際文化 教授 日本におけるグローバル30の大学:ビジョンと課題と問題点
14 個人研究 東森 勲 文学 教授 PC表現の変遷と最新の用法について:Time Corpusから語彙語用論まで
15 個人研究 野村 竜也 理工 教授 フランケンシュタイン症候群の測定と日英比較

 
  2011年度   このページのTOPへ  
Copyright (C) 2006 SCRI All Rights Reserved.