国際社会文化研究所 Socio-Cultural Research Institute EnglishEnglish  | 研究部TOP >>
HOME研究活動出版物規程・要領・申請書など(学内者用)シンポジウム 龍谷大学
  研究活動  
    過去の研究活動一覧をご覧になりたい方はコチラから>>  
   
<<前年度へ 2010年度 研究活動一覧 次年度へ>>  
 
  研究区分 研究代表者 学部 職名 研 究 課 題
1 指定研究
(3年/1年目)
権 五定 国際 教授 世界の中の日本、日本の中の世界
多様な共生の概念の批判的検討と共生実現の可能性
2 共同研究
(2年/1年目)
岸 政彦 社会 准教授 都市型被差別部落の比較研究
3 共同研究
(1年)
古川 秀夫 国際文化 教授 「奉仕」科目が高校生に及ぼす影響
4 共同研究
(2年/2年目)
北川 秀樹 法学 教授 中国の地方政府における環境法・政策の執行と社会構造
−日本との比較研究−
5 共同研究
(2年/1年目)
落合 雄彦 法学 教授 紛争後のアフリカ諸国における薬物汚染の実態調査とリハビリテーション促進
6 共同研究
(2年/1年目)
大林 稔 経済 教授 サハラ以南アフリカにおける内発的発展と外部支援の影響
7 共同研究
(2年/1年目)
青木 恵理子 社会 教授 ロマンチック・ラブと近代家族の国際比較:
日本とインドネシアを事例として
8 共同研究
(2年/1年目)
河村 能夫 経済 教授 中国内モンゴル自治区における経済成長と格差是正を目指した持続的地域社会発展に関する総合研究
9 共同研究
(1年)
小黒 純 社会 准教授 記者クラブ制度の実証的研究−行政からの情報と報道の比較分析から
10 個人研究 東森 勲 文学 教授 エスニック・ジョークと文化:関連性理論による分析
11 個人研究 壽崎 かすみ 国際文化 准教授 人間と動物が共に暮らすために
−補助犬法を浸透させるために−
12 個人研究 斎藤 文彦 国際文化 教授 自主性なき地方自治?:
ウガンダにおける近年の教訓とアフリカ国家研究への視座
13 個人研究 松村 省一 国際文化 准教授 英語力と語用力の関係について
−言語間・文化間転移の観点からの分析−
14 個人研究 脇田 博文 国際文化 教授 EUにおける多言語・多文化主義の展開
−スロヴァキア言語(外国語)教育政策の評価と課題−
15 個人研究 CARLOS,MARIA REINARUTH 国際文化 准教授 日本の不況と在日外国人労働者:滋賀県に住んでいる日系フィリピン人のケース
16 個人研究 松島 恵介 社会 教授 足利事件における虚偽自白の心理学分析
17 個人研究 李 フピン 社会 准教授 中国西部地域における貧困軽減のための地域開発に関する研究
18 個人研究 CARDONNEL Sylvain 国際文化 准教授 『家畜人ヤプー』刊行の経緯について

 
  2010年度   このページのTOPへ  
Copyright (C) 2006 SCRI All Rights Reserved.