国際社会文化研究所 Socio-Cultural Research Institute EnglishEnglish  | 研究部TOP >>
HOME研究活動出版物規程・要領・申請書など(学内者用)シンポジウム 龍谷大学
  研究活動  
    過去の研究活動一覧をご覧になりたい方はコチラから>>  
   
<<前年度へ 2008年度 研究活動一覧 次年度へ>>  
 
  研究区分 研究代表者 学部 職名 研 究 課 題
1 指定研究
(2年目)
細川 孝 経営 教授 世界の中の日本、日本の中の世界
−大学評価システムの国際比較と「評価文化」に関する総合研究−
2 指定研究
(2年目)
竹山 相哲 社会 教授 世界の中の日本、日本の中の世界
−日・中・韓関係とジャーナリズムの役割について−
3 指定研究
(2年目)
ヤマンラール水野
美奈子
国際文化 教授 世界の中の日本、日本の中の世界
−イスタンブル旧日本総領事館と日本の文明開化思潮−
4 共同研究
(2年)
小椋 博 社会 教授 日米におけるスポーツ組織の比較研究
−学生の競技組織を中心に−
5 共同研究
(2年)
岸 政彦 社会 講師 大阪の被差別部落地域における生活実態調査
6 共同研究
(2年)
CARLOS,MARIA REINARUTH 国際文化 准教授 医療労働者の二段階的国際移動の研究:
シンガポールと南アフリカの比較
7 共同研究
(2年)
徐 光輝 国際文化 教授 東西文化交流の総合的研究
−北朝の都城、墳墓と仏教文化を中心にして−
8 共同研究
(1年)
古川 秀夫 国際文化 准教授 日本におけるサービスラーニングの心理社会的効果
9 共同研究
(2年/2年目)
須藤 護 国際文化 教授 古代近江の轆轤工と渡来人
10 共同研究
(2年/2年目)
松居 竜五 国際文化 准教授 南方熊楠の海外での活動に関する資料の収集と分析
11 個人研究 新田 光子 社会 教授 「広島戦災児育成所」の研究
12 個人研究 村澤 真保呂 社会 講師 19世紀フランス社会学の成立
−ー国家主義と生物学主義に着目して−
13 個人研究 斎藤 文彦 国際文化 教授 ウガンダにおける地方自治定着の可能性:
アフリカ新家産主義国家へのアンチテーゼ?
14 個人研究 松村 省一 国際文化 准教授 語用力測定テストの信頼性と妥当性について
−「学習者の主観性」からの考察−
15 個人研究 脇田 博文 国際文化 教授 EUにおける多言語・多文化主義
−ハンガリー共和国の言語(外国語教育)政策−

 
  2008年度   このページのTOPへ  
Copyright (C) 2006 SCRI All Rights Reserved.