国際社会文化研究所 Socio-Cultural Research Institute EnglishEnglish  | 研究部TOP >>
HOME研究活動出版物規程・要領・申請書など(学内者用)シンポジウム 龍谷大学
  研究活動  
    過去の研究活動一覧をご覧になりたい方はコチラから>>  
   
<<前年度へ 2005年度 研究活動一覧 次年度へ>>  
 
  研究区分 研究代表者 学部 職名 研 究 課 題
1 共同研究(2年) 金子 龍太郎 社会 教授 NPO法人による被虐待児に対応する新たな社会的養護の創出
−国際児童支援組織SOS子どもの村を導入するための理論的検討−
2 共同研究(2年) Salz, Jonah I. 国際文化 教授 韓国と日本伝統芸能の比較美学
3 共同研究(2年) 卓 南生 国際文化 教授 日中ジャーナリズム交流史の系譜についての研究
4 共同研究(2年) 松井 賢一 国際文化 教授 学問分野としての「国際文化学」の確立
5 共同研究(2年) 松居 竜五 国際文化 助教授 フィールドワークによる南方熊楠の足跡調査と映像作品の作成
6 共同研究(2年) 村田 和代 助教授 国際語としての英語とは?:ポライトネスの観点からの示唆
7 共同研究
(2年/2年目)
落合 雄彦 助教授 サハラ以南アフリカの精神保健福祉分野へのオプティマル・トリートメント・プロジェクト(OTP)導入に関するフィージビリティ研究
8 共同研究
(2年/2年目)
新田 光子 社会 教授 戦争の社会的影響に関する研究 
−新しい視点からの原爆被害研究をめざして−
9 共同研究
(2年/2年目)
大沢 晃 国際文化 教授 カナダ亜寒帯林の炭素収支
10 共同研究
(2年/2年目)
Carlos M.R.D. 国際文化 助教授 日本における介護分野でのフィリピン人労働者の受け入れに関する研究
11 共同研究
(2年/2年目)
徐 光輝 国際文化 教授 東北アジア古代文化交流の綜合的研究
−中国遼東・山東地域の古代文化を中心にして−
12 共同研究
(2年/2年目)
Bradley, William S. 国際文化 教授 アメリカのマスメディア・大衆文化に見る日本のイメージ
13 個人研究 黒田 浩一郎 社会 教授 先端医療に関する医療社会学的視点・分析枠組みの構築
−「生活習慣病」の成立とその予防活動の普及を事例として
14 個人研究 津島 昌弘 社会 助教授 郊外化と犯罪−−滋賀県における地域社会の変容と実態
15 個人研究 吉田 竜司 社会 助教授 マス・イベントにおける公的秩序維持に関する社会学的研究
16 個人研究 佐野 東生 国際文化 助教授 イランにおける民主制の起源と展開
17 個人研究 古川 秀夫 国際文化 助教授 賦課的ボランティア活動への青年意識に関する比較研究

 
  2005年度   このページのTOPへ  
Copyright (C) 2006 SCRI All Rights Reserved.