国際社会文化研究所 Socio-Cultural Research Institute EnglishEnglish  | 研究部TOP >>
HOME研究活動出版物規程・要領・申請書など(学内者用)シンポジウム 龍谷大学
  研究活動  
    過去の研究活動一覧をご覧になりたい方はコチラから>>  
   
<<前年度へ 2003年度 研究活動一覧 次年度へ>>  
 
  研究区分 研究代表者 学部 職名 研 究 課 題
1 指定研究
(3年/1年目)
寿崎 かすみ 国際文化 助教授 空堀商店街界隈長屋再生プロジェクトをめぐる諸問題
2 指定研究
(3年/2年目)
卓 南生 国際文化 教授 日本の中国占領とジャーナリズム
3 共同研究(1年) 松居 竜五 国際文化 助教授 南方熊楠英文論文の連関的研究
4 共同研究
(2年/1年目)
西川 淑子 社会 助教授 軽費老人ホームの現状と課題
5 共同研究
(2年/1年目)
村澤 真保呂 社会 講師 食のグローバル化と社会病理
6 共同研究
(2年/1年目)
リ フピン 社会 講師 中国西部放牧地域における貧困軽減のための参加型地域開発に関する研究
7 共同研究
(2年/2年目)
田中 滋 社会 教授 現代的ネットワークにもとづく流域社会の再構築の可能性
−京都府美山町を事例として−
8 共同研究
(2年/2年目)
野澤 正子 社会 教授 社会福祉援助技術への訓練方法の研究
−コンピュータ支援による実践教育の展開−
9 共同研究
(2年/2年目)
金子 龍太郎 社会 教授 ビオトープ設置が生徒・学生の心理・行動面に及ぼす影響に関する研究
10 個人研究 青木 恵理子 社会 教授 通貨・記録・科学及びその余白に関する人類学的研究
11 個人研究 新田 光子 社会 教授 原爆と寺院の社会学的考察
12 個人研究 筒井 のり子 社会 教授 オーストラリアにおけるボランティアコーディネーター養成システムの研究
13 個人研究 松島 恵介 社会 助教授 高次脳機能障害者における日常記憶
14 個人研究 浜野 Sylvia Rrown 国際文化 教授 日本のNGOのロビーイングを相互に調整することが規約人権委員会の審査に及ぼしうる影響
15 個人研究 Bradley, William S. 国際文化 助教授 リスク社会に対する日本の若者の認識

 
  2003年度   このページのTOPへ  
Copyright (C) 2006 SCRI All Rights Reserved.