国際社会文化研究所 Socio-Cultural Research Institute EnglishEnglish  | 研究部TOP >>
HOME研究活動出版物規程・要領・申請書など(学内者用)シンポジウム 龍谷大学
  研究活動  
    過去の研究活動一覧をご覧になりたい方はコチラから>>  
   
<<前年度へ 2002年度 研究活動一覧 次年度へ>>  
 
  研究区分 研究代表者 学部 職名 研 究 課 題
1 指名共同研究
(国際文化)
幸泉 哲紀 国際文化 教授 文化受容と社会変容の型
2 指定研究 卓 南生 国際文化 教授 日本の中国占領とジャーナリズム
3 共同研究(1年) 山中 美由紀 社会 教授 アジアの家族変動に関する国際比較
−日本・韓国・中国・タイ・インドネシアの比較研究−
4 共同研究(1年) 徐 光輝 国際文化 助教授 中国長江流域における稲作文化の発生と伝播に関する研究
5 共同研究(1年) 松居 竜五 国際文化 助教授 南方熊楠英文論文の資料調査と翻訳
6 共同研究
(2年/2年目)
太田 義弘 社会 教授 社会福祉援助技術への訓練方法の研究
−コンピュータ支援による実践教育の展開−
7 共同研究
(2年/2年目)
田中 滋 社会 教授 現代的ネットワークにもとづく地域社会の再構築の可能性
8 共同研究
(2年/2年目)
金子 龍太郎 社会 教授 ビオトープ設置が生徒・学生の心理・行動面に及ぼす影響に関する研究
9 共同研究
(2年/2年目)
長崎 暢子 国際文化 教授 第2次大戦期における日本人のアジア観
10 共同研究
(2年/2年目)
古川 秀夫 国際文化 助教授 地方分権時代における市民活動と大学の連携
11 個人研究 黒田 浩一郎 社会 教授 戦後日本の健康主義
12 個人研究 青木 恵理子 社会 教授 愛と親密性に関する人類学的研究
13 個人研究 新田 光子 社会 教授 宗教組織における女性の役割
14 個人研究 吉田 竜司 社会 助教授 集団行為の制度化に関する日米比較研究
15 個人研究 斎藤 文彦 国際文化 助教授 住民参加手法による開発と環境の両立:ウガンダの事例研究

 
  2002年度   このページのTOPへ  
Copyright (C) 2006 SCRI All Rights Reserved.